ALL ITEMS
  • APPLEBUM APPLEBUM ブランドプロフィール
    ルーツミュージックをもとにヒップホップが生まれたように、アジアを代表する大都市・東京で生まれ育った感覚を服作りに落としこんでいるアップルバム。
    さまざまなカルチャーが乱立するなかで、黒人音楽やスポーツといった文化を選び取り、2005年のブランド立ち上げ以来、大人が着こなせる上品なウエア作りを標榜してきた。
    斬新な発想で人を驚かせる“FRESH”の感覚を、誰もが“ん?”と振り返ってしまうデザインで表現。
    それは、見た目がかっこいいというだけでなく、マニアックな感性を刺激する装置にもなっている。その巧妙なまでの仕掛けは、日本国内だけでなくN.Y.やPARIS、LONDONなど世界各地で高い評価を受けている。
  • BLACK STORE BLACK STORE ブランドプロフィール
    仙台のストリート重要スポットの一つ「BLACK STORE」のオリジナルアイテム
  • BUSH CLAN BUSH CLAN ブランドプロフィール
    POLOマニアのデザイナーが手掛けるブランド、BUSH CLAN / ブッシュクラン
  • CHAMPION CHAMPION ブランドプロフィール
    1919年ニューヨーク州ロチェスターでエイプ&ウィリアム・フェインブルームの2人の兄弟がセーターの製造・販売事業をスタートさせ、その高い品質を認められたチャンピオンはアンダーウェアとしてスウェットのオーダー受けるようになる。 このスウェットシャツが後に米軍の訓練用ウェアや大学のアスレチックウェアとして注目され、さらにブックストア(大学生協)を通してタウンウェアとして一般の学生へと広がっていった。
    米軍の厳しいテストをクリアし直接軍部や軍内のショップへも製品を供給し、その高いクオリティーで信頼を獲得し、一躍アメリカ全土で注目される存在になった。 また、スポーツの分野においても1989年にはNBA(全米プロバスケットボールリーグ)の独占公式ユニフォームサプライヤーとなり、1992年バルセロナオリンピック。1996年アトランタオリンピックで圧倒的強さを見せたNBAスター軍団で構成されたあの“DREAM TEAM”の公式ユニフォームはチャンピオンがサポートしていた。
    いつの時代も品質にごだわり、より良いものづくりに挑戦し続けてきたチャンピオン。 機能的なデザイン・耐久性・素材・縫製といったひとつひとつのディテールにこだわるクラフトマンシップは現在も脈々と受け継がれ日本でも「ザ・キング・オブ・スウェットシャツ」として親しまれ、多くのファンに愛用されている。 CASSETTE PUNCH Online StoreはCHAMPION (チャンピオン)のスウェット・パーカー・Tシャツなどの人気アイテムを販売しているメンズファッション通販サイトです。 CHAMPION (チャンピオン)の最新アイテムをオンラインでご購入いただけます。
  • CLARKS ORIGINALS CLARKS ORIGINALS ブランドプロフィール
    クラークス(Clarks)はイギリス発祥の老舗ブーツブランド。英国で現存している最古の靴ブランドとして知られている。 1825年、サイラス・クラークス氏とジェームス・クラークス氏の兄弟によってイギリス(イングランド)南西部にあるストリートという街にて設立。 創業当初は毛付きシープスキンのスリッパを生産、その後、カジュアルシューズやコンフォートシューズの原点と言われる靴づくりに取り組み、 「Wallabee (ワラビー)」、「Desert Boot (デザートブーツ)」というブランドのアイコンとも言える名作を生み出した。 アメリカでの大ヒットを皮切りにイギリスへ逆輸入される形で世界中へその名を馳せていった。
  • HAIGHT HAIGHT ブランドプロフィール
    サンフランシスコ、ヘイトアシュベリー地区。閉塞感が急激に強まったかつてのアメリカで、そんな時代に反発して生まれたヒッピーはこの地から発祥したと言われています。
    そこから数十年の時間が経ち、私たちが実際に訪れたこの場所は当時を思い起こさせるような、人間味とエネルギーに満ちていました。
    ダウンヒルを無謀に攻めるスケートボーダー、壁を埋め尽くすタグやグラフィティ、そしてそこでチルする人々。
    危険やシリアスなムードも肌で感じつつ、足を踏み入れたヘイトストリートのポジティブさとクリエイティビティ、そしてそこで覚えた高揚感に後押しされ、2014年にヘイトはスタートしました。
    アートが生活の中にあり、表現をすることもそれを享受することも日々の一部。
    そんな彼の地の価値観を、ここ東京で私たちの視点から提案します。
    液晶画面越しではなく、実際にハングアウトした気鋭のアーティストたちを有名・無名問わずにフックアップし、その作品を落とし込んだワードローブ。
    当たり前の日常に、ストリートで生まれたアイデアや、何気ない豊かさと幸せをもたらすライフスタイルギア。
    プロダクトやスタイルを通してアートや文化、人の縁を繋ぐこと。
    それが私たちの理想です。
    初めて目にしたヘイトストリートのコミュニティが、そうであったように。
  • INTERBREED INTERBREED ブランドプロフィール
    アンダーグラウンドならではのイリーガルな空気や、Hiphopならではの手法(サンプリング)にこだわり、独自の解釈やオリジナリティを加える事で、音楽やファッション本来の楽しさ、自由さを伝えるブランド。
  • IRIE LIFE IRIE LIFE ブランドプロフィール
    楽しい人生を送りたいというコンセプトから生活に密着し、クオリティ、マテリアルにこだわった着やすい服“オーセンティック・ウエア“を展開するブランド。
  • LFYT LFYT ブランドプロフィール
    2003年にスタートしたLafayetteのメインコンセプトはニューヨークを感じられるもの。
    Street/ストリート、Hiphop/ヒップホップ、Skateboards/スケートボード、Grafitti/グラフィティ、Black Culture/ブラックカルチャーをベースにデザインされたフルコレクションをシーズン展開。
    遂にマンハッタン – Lower East Sideへ「PRIVILEGE NEWYORK」を旗艦店としてオープン。
    アメリカ、日本、香港、台湾、韓国とワールドワイドにその影響力を拡大中。
  • LEVI’S LEVI’S ブランドプロフィール
    1873年に世界初のジーンズを誕生させ、1890年にはリーバイス® 501®を発表。伝統と革新を掲げ、時代に先駆け絶えず変化をしながらも、リーバイス® ブランドは決して普遍的価値を失わず進化を続けます。
  • NEW ERA NEW ERA ブランドプロフィール
    アメリカのメジャーリーグベースボール唯一の公式キャップのメーカーであり、 世界最大級のストリート系ヘッドウェア&アパレルブランド。
    1920年、エルハルド・クックがE・クック・キャップ社を設立。 その時の資金は姉ローズから借りた500ドルと、エルハルドが会社設立前に働いていた ジョン・ミラー・キャップ社の同僚だったジョー・アメリエンから借りた500ドルのみだった。 アメリエンはその後、E・クック・キャップ社の最初の社員となった。 ローズを含む14年で営業をスタートし、エルハルドとローズの息子達も高校生のころから働き初めた。 1922年、社名をニューエラ・キャップに変更。既製服の概念が流行し始めた時代で、 メンズのカジュアルキャップとユニフォーム用のキャップを製造していた。 1934年、ニューエラとして初のプロ用ベースボールキャップを、 クリーブランド・インディアンズのために製作。 1940年代に入ると、様々なチームのキャップを製作していた。 ニューエラではベースとなる無地のキャップを生産し、 そこに他のスポーツ用品メーカーがそれぞれのブランドのラベルを縫い付けていた。 1950年、メジャースポーツへ製品供給する唯一の帽子メーカーとして、 ブルックリン・ドジャーズ、シンシナティ・レッズ、 クリーブランド・インディアンズ、デトロイト・タイガースの製品を製造した。 1974年、メジャーリーグ24チーム中の20チームがニューエラと契約し、事業が順調に拡大していた。 1978年、ニュース新聞に、12.99ドルでプロ選手と同じキャップが手に入る、と広告を出し、大きな反響を受けた。 1980年代後半、プロ選手と同じキャップを被ることが野球ファンの間で流行。 1991年、ニューエラはMLBのオンフィールドキャップについて数社規定の独占的供給メーカーに選ばれた。 プロ用公式キャップのコレクション「ダイヤモンドコレクション」は「オーセンティック・コレクション」と名前を変更し、 今でも使用されているバッターのシルエットのロゴをキャップの後ろ側に入れることになった。 また、オーセンティック・コレクションの名前は公式用品の供給メーカーのみが使用を許可された。 1993年、MLBでの全球団のオンフィールドキャップを製造する独占的権利を得た。 その後、リーグのオフィシャルサプライヤーとなった。
    その後、英国、日本、オーストリアにもオフィスが開設された。 現在、世界最大級のヘッドウェア&アパレルブランドへと成長し、ストリートファッション界で広く知られている。
  • NINE RULAZ LINE NINE RULAZ LINE ブランドプロフィール
    ダンスホールレゲエのサウンドクラッシュ世界チャンピオンのMighty Crownによって2002年にスタート。
    Nine Rulaz Lineは3つのキーカルチャー(日本のカルチャー、アメリカのストリート・カルチャー、そしてクラブ・ミュージック・カルチャー)をコンセプトをベースに手がけられている。
    数字の9は東洋では幸運をもたらす数字とされ、Nine Rulaz Lineを着ることにより人々に幸運をもたらし、王者になり、誰もが幸せを手に出来るとい言う意味が含まれている。
    世界各国でのプレイ等を経験をファッションに取り入れたりし、自然とダンスホール・シーンでのトレンド・リーダーとなり、世界的にリスペクトされ、強い影響力を持つ。
    Nine Rulaz Lineはデザインだけではなく、機能性や素材にもこだわりを持ち、特にデニムは日本でも最高峰の岡山の工場で生産をしている。これからも更なる向上を目指している。
  • PRIVILEGE PRIVILEGE ブランドプロフィール
    2017年、遂にNEWYORK / Lower East Sideに旗艦店をオープンした「PRIVILEGE」のオリジナルライン。
    人とカルチャーが無限に交錯する拠点となり、その土地のローカルが自然と集うことでまた新たなスタイルを生み出す。
    ショップ「PRIVILEGE」ではそれぞれの土地に根差してストリートカルチャーを形成している。
    著名なアーティストとのイベントやコラボレーションを通してワールドワイドに「繋がり」の連鎖が発生中。
    Lafayetteによるプロデュースでスタートしたこの新しいムーブメントは2010年にその歴史を刻み始めた。
    DJ CLARK KENTにより命名された 「特権」を意味する「PRIVILEGE」はその影響力をさらに拡大していく。
  • SUNKAK SUNKAK ブランドプロフィール
    2017年よりDJ HAL (DOBERMAN INFINITY), LUKE, BESでスタートさせた新鋭EYE WEAR BRAND。ESSENTIAL EYEWEARをテーマに人生にかかせないEYEWEAR作りを目指す。 ファッションジャンルや年齢層問わず3人の共通点である音楽のフィルターを通した唯一無二なアイテムを展開。著名人の着用やSNSから人気に火が付いた今現在最も人気のあるアイウェアブランド。
  • THE NORTH FACE THE NORTH FACE ブランドプロフィール
    ノースフェイスは、1968年にアメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコにて、登山家のダグラス・トンプキンスによって創業されました。
    当初は小さなメーカーでしたが、アメリカにアウトドアブームが巻き起こる中、ハイクオリティなスリーピングバッグ( 寝袋 )が爆発的にヒットして一気にブレイク。
    その後も1966年には、現在のダウンパーカの原型になった「シエラ・パーカ」、1975年には世界初のドーム型テント「オーバルインテンションテント」、1976年には世界初のフレームパック「バックマジック」を発売するなど、絶えず業界の常識に縛られず挑戦し続けています。
  • KUUMBA KUUMBA ブランドプロフィール
    世界でもトップクラスとの呼び声も高い、香りをデザインしながら創造する1993年創業のインセンスブランド。アロマセラピーに使われる原料なども配合されているので、リラックス効果もあり、柔らかく心地よい香りを提案しています。厳選された素材を1本1本手作業で生産し、燃焼剤をも使用しないので、人的に害が少なく、環境にも優しいお香です。
  • OTHER BRAND OTHER BRAND ブランドプロフィール
RANKING LFYT
ALL ITEMS
RANKING LFYT
ブランドで絞り込む
RANKING LFYT
  • 絞り込む
  • 並び替え

BRAND

CATEGORY

ALL ITEMS

絞り込み:

出品状況
0個が選択されました リセット
価格
最高価格は¥38,500です リセット
¥
¥
商品タイプ
0個が選択されました リセット
ブランド
0個が選択されました リセット

24 Items

絞り込みと並び替え

絞り込みと並び替え

24 Items

出品状況
価格

最高価格は¥38,500です

¥
¥
商品タイプ
ブランド

24 Items

RANKING